2017年4月25日火曜日

VisualARQのオブジェクトスタイルライブラリについて

ここではVisualARQのオブジェクトスタイルライブラリについて記載しています。
VisualARQのオブジェクトスタイルライブラリは、VisualARQ用のテンプレートファイルに含まれます。
そのためVisualARQをインストールしだけでは、使用できないので、Rhinocerosのテンプレートファイルの中に、VisualARQのテンプレートを移動する必要があります。

下記手順をお試しください。
※ 以下作業を行う前に、すべてのRhinoを終了してください。
1.VisualARQをインストール後
 Windows[コンピューター]で、
   VisualARQ用のテンプレートファイル(以下フォルダー内)を、

   Rhino5のテンプレートファイルのフォルダー内にコピー。

VisualARQテンプレートファイル(4)の所在
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\McNeel\Rhinoceros\5.0\
Localization\en-US\Template Filesフォルダー以下の
  - VisualARQ - Feet.3dm
  - VisualARQ - Inches.3dm
  - VisualARQ - Meters.3dm
  - VisualARQ - Millimeters.3dm

Rhino5テンプレートファイル
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\McNeel\Rhinoceros\5.0\
Localization\ja-JP\Template Filesフォルダー内

2. Rhino5を起動。
3. ファイルメニュー>新規作成で、VisualARQのテンプレートを開く。
4. 現在のオブジェクトスタイルライブラリを保存
1) VisualARQメニュー>Styles>Export を実行。
2)Export Styles」画面にて。
    [Browse]ボタンをクリックし、保存先(: 以下フォルダー)を指定した後、[Next]
    C:\Program Files\AsuniCAD\VisualARQ 1.9\RHINO5x64\English\Libraries
3) (2)の次の画面で、出力するスタイルをチェックして選択。
    [Export]をクリック。

5. 出力したライブラリファイルを入力。
4) VisualARQメニュー>Styles>Import を実行。
5)Import Styles」画面の[Browse]から、手順「4」で出力した
    ライブラリーファイル(*.val)を開いて、[Next]をクリック。
6) (5)の次の画面で、入力するスタイルを選択して[Import]

2017年2月10日金曜日

Windows版Rhino5: 出力したDWG/DXFの中身がありません。

Windows版Rhino5において、次の条件が揃った場合に、
DWG/DXF形式で保存したファイルを開くと、
モデルデータがない事象が報告されています。

・Rhinoを操作中に、一度でもGrasshopperを起動
・レイヤー名に特定の日本語文字(例:「線」)

■ 対象のソフトウェア
Windows版Rhinoceros 5

■ 事象の原因
開発元では、本事象に関して現在調査を行っており、
次期改編での改善を予定しています。
(改善の連絡があり次第、当投稿でお知らせいたします)

■ 対処策
現時点におきましては、下記のいずれかを行って
ご対応くださいますようお願い致します。
・レイヤー名に「半角英数」を使用
(Rhino再起動後)Grasshopperを起動せず,DWG/DXF形式で出力

2017年1月24日火曜日

Flamingo nXt: 「インストールに失敗しました。」


Flamingo nXtを、Rhinoceros5へインストール実行中に、
画像のメッセージ、あるいは「Rhino4.0 SR8または5.0が必要です
という画面が表示され、インストールできない事象が報告されています。

これは、Rhino5リリース前の初期インストールメディアに関連する事象で、
Flamingoの最新プログラムを使用することで、インストール可能です。

<Flamingo nXt最新プログラムのインストール手順>
※ インストール作業を始める前に、すべてのRhinoを終了してください。
※ インストールには、 Flamingo nXtのライセンスキーが
    ("FL30"で始まる英数字)必要です。

1) 開発元のこちらからプログラムをダウンロード。
 ※ ファイル名: Flamingo_nXt_Release_20140422_0100.exe (1.08GB)
 ※ PCのデスクトップに保存してください。

2) インストール作業を開始するには、(1)のファイルをダブルクリック。

3) インストール画面の指示に従って、インストールを完了。
 ※ インストールの詳細な手順は、こちらのページをご覧ください。

2017年1月20日金曜日

Mac版Rhino: ビューポートが4画面ありません

Rhino5 for Mac最新版「5.3」において、ビューポートが4画面で
表示されない事象が報告されています。

■ 事象の内容
新規モデルファイルを開くと、ビューポートの縦の境界線が、
画面左(画像の白い矢印の位置)に移動して、4画面で表示されない。
(境界線をドラッグすることにより、4画面で表示可能)

■ 対象バージョン
Rhino 5 for Mac バージョン5.3 (5D191)

■ 事象の発生するOS
OS X 10.8.5, 10.9.5, 10.10

■ 対処策
最新リリース「5.3.1」(5D193)をインストール。
「5.3.1」はこちらからダウンロードできます。


開発元では現在、本事象に関して調査を行っており、
次期改編での改善を予定しています。
(次期リリース開発版「5E12w」で対策しています

次期リリースの開発版(Rhino for Mac WIP)は、こちらで公開しています。
※ WIP版は、開発途中のため、動作に不安定な場合があります。
    作業前に必ずファイルのバックアップを行ってください。
※ インストールには、Rhino 5 for Mac製品版のライセンスキーが必要です。
※ WIP版は、製品版と同じMacでお試しできます。

現時点においては、OSのアップグレード(10.11以降)を
ご検討くださいますようお願いいたします。

2017年1月4日水曜日

Happy New Year 2017

皆様

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

アプリクラフト Rhino3Dサポート